2017年10月5日木曜日

彼岸花も枯れはて秋序盤...孤独な無人駅は哀愁でいっぱい..

3:36
夏は何かしらいいことありそうな季節と人は理解しているのでしょうか?

わたしに限らず...

そんな夏の気配があったかどうか?記憶に存在しないが不思議な今年の天候でした。

で、お彼岸の季節到来...

この時期の楽しみ事は、年のせいか?

彼岸花を毎日観賞することなんですね

あちらこちらを探索すればそれはそれはきれいに咲き誇る満開の彼岸花を目にし
何とも言えない感動を味わうことができるから...


しかし、感動は長く続くものではありません

何とも開花の寿命は短く、2週間程度...なので、毎日観賞していないと...

後でなんて言っていると目にする機会さえ失ってしまうんですね


なぜか今年は、例年に比べて開花状況が良いみたいで、きれいに整っている形態を
多く目にしましたが、9月末にはその色合いも失せて....はああ~ですね



ま、これが自然の流れでしょう

撮影地は、JR水郡線 中舟生駅付近なのですが、いつもは人気のない無人駅でも
この時期だけは見栄えがするステージに大変身...

でも、彼岸花が散れば哀愁漂う...さみしい駅に...なんともね

また、来年に期待しましょうか