2019年8月17日土曜日

無言のメールだけど心地よい声が聞こえる...?

文明の利器...友人知人などとの連絡手段としてメールはご使用されているでしょう?

ま、昔と違いメール機能はスマートフォンであれパソコンであれ多くの方が使われているはず...と理解しております...
ていうか、文明音痴のあたしでさえ使える代物なので...


さて、知人友人ともやり取りですが相手の顔は思い浮かぶでしょう...

でも、まだ顔も合わせていない..
直接会ってお話したこともない..そんなメールでも時にはやり取りすることってありますか?

経験ありと判断して進めますね..

無言のメールですけど、誠意が感じられる気持ちの良い文章の流れってあるでしょう?

そして、そこに声は聞こえてきませんか?

声質もです...感じられることありませんでしょうか?

私例でいいますと文章を読むでしょう...すると声も感じ取れるんですね?

文章に沿った丁寧な誠意ある心地よい声が...です..

女性でも男性でも..時にはお顔立ちまで頭に浮かびます..
(ま、逢って180度どんでん返しもありますけど)

声が聞こえる文章の流れであるから..そう感じ取れるんでしょうね..
優しい言葉...受け止める私は心から嬉しい...

進めますね...

では、これを逆に考えましょう..

自分の文書はどんな声質で相手に聞こえているのか?

チャラい文章であればそのようなイメージで感じ取られてしまうでしょうね..

考え方ですが、今より過去に心地よい印象を受けたメールの文章に沿って色合いを
付けていきましょう..

もちろん、文章から伝えることの意味合いも大事ですよ..

すると自分の声質もよい心地よさで相手に伝わる...好感を抱いてくれる...でしょ..と...
思いますが、いかがでしょうか..

たかがメールですけど、よりよい形で人とのお付き合いを進めるうえでは殺伐とした?現社会においては大事なコミニュケーションを構成するツールでしょう..

使用頻度はこれからも益々増えていくことでしょう..

お手紙の時代から電話...そして今また形を変えた電子お手紙の時代へ....
次はなにがでるやら...??・
でも、心を伝える...それが大事な人の輪を作るのです...心がけましょうね。

良い未来を築くために.....では、またね


0 件のコメント:

コメントを投稿