2018年12月17日月曜日

不条理な境遇にめぐり合う理由?

人は誰でも日々幸せな?危険な境遇にめぐり合うことのない環境において生活するを
習慣的意識として願っているはず...

しかし、時として想像することもないような不条理な、もしくは不遇な状況に遭遇してしまう..巻き込まれてしまうこともある...

避けようにも...自身の運命なのか?..神様の嫌がらせか?
..それとも試練...むごすぎるじゃないかと.....



見ず知らずの人にひどい言葉で罵声、避難される...いやがらせをされる...

他人事であるにもかかわらず...無関係であるにもかかわらず...巻き込まれる..

上司、同僚の仕事のミスが、自分の責任にされている...

非難されることでもない行動をなぜか?重要な危惧のように誇張され責任を追及される..


理屈に合わない不条理な状況が自身に遭遇してしまい、肉体的にも精神的にも参ってしまう...状況においては精神回復しないことも...数年係ることもある
..

不条理な状況に至ることを避ける手段はあるのか?

ま、あれば誰しも事実に直面し悩み...そして迷うこともないでしょう..


その状況に至ったとき..その後でしょう?けど、なぜそうなったのか?
検証する時間はおおいにありますね...というより、事実を無視できない..
忘却できれば...できるはずもない..現実..

原因となった人の責任と理解するのか?
でも、それでは何ら自身の精神構造は変わらない...いずれは同じような境遇を
招いてしまうかもしれません...

無理やりでもいい...全ての責任は自身にあると理解してみませんか?


他人の責任にしたい気持ちはあるはず...でも自身と置き換えることで後々の対処とできるはず....

自身の心..日々過ごすうえでの気のゆるみ...安易な判断...

僅かなゆるみが不遇を招いている...

この記事は以降追記ございます

0 件のコメント:

コメントを投稿