2017年1月10日火曜日

できることをもう遅いだろうとやらなかった後悔

理想を抱きやりたいことがあるなら迷わずやってみる、それが成功の秘訣?

現状の安定が崩れることに躊躇し、やらず留め置けばいずれ後悔するだろうとはいうものの...

いつも心は不安定状態。




今までの人生を振り返れば、あれこれと世の中に興味を抱きやりたいことはたくさんあったはず。

しかし、その時点で迷い、またはもう遅いだろうとチャレンジしなかった。

でも、同年代っであってもチャレンジされた方は少なからずいるのですね

チャレンジした者は、どうであろうとよくも悪くも何かしらの結果が現れる、
いや、得ることができる...と理解しましょうか、
そして何もせず、自己満足に適合させた夢だけ見て妄想で...終わりの人生もある、

それでは悲しいね..

...と理解はしていても現状から抜けだすのは容易ではありません。



若いとされる年代に理想はあるものの、チャレンジしなかった
いやできなった自分に後悔しています。


さて、なぜこん記事書いているかというと、友人知人を含めてほんの一握りの方々
いきなり商売替えや起業をされた例がございます。

いきなりなんだと!とみておりましたが、周りからすれば突然のことなんですが
本人は、事前に計画を練り上げ用意周到に立ち上げたのですね、


ある友人は、40歳で今までお勤めしていた会社を辞めて、世界の国々を検分するんだとかで
海外にトラバーユ、

外から見れば、何考えてるの?

よく言えば、勇気あるね

でも、本人にしてみればそれなりの理由はあるのでしょう

まだ、帰国しませんが生きているのかさえ音信不通....

生きて会えることを期待してます




人は、いくつになっても夢は捨てきれず後で、やっていればと後悔するなら、
好きなことをやりたいことをやるべきでしょうか


私の例でいえば、その理屈は理解しており、いろんな興味を持つものにできる限り
(金銭的にチャレンジできないこともあり)

チャレンジし続けているのですが、ま、結果は成功とはいえませんし、精神的にも満足できず
...何とも困り続ける悩み多き人生なんですね。

しかし、まだまだとがんばってみます


ま、皆さんも人生いろんなことにチャレンジすることでしょう

でも、いいこともあれば、真逆のことも繰り返しめぐり逢いますね

頑張り下さいと応援しますが、いつしか満足できたといえる時が来るはず、

途中でめげないでください




0 件のコメント:

コメントを投稿