2018年2月25日日曜日

日々の努力は150%..そして本番では110%の結果を打ちだす..とは?

スポーツでより以上の結果を願うなら、練習モードの鍛錬は日々必要でしょうね

練習に次ぐ練習を重ね、本番で100%の力を出す...に収まらず。120%の結果を
目標とする..とは、よく見聞きする言葉でしょう...ま、スポーツに限らずですね。


さて、仕事に置き換えてみましょうか?
でも、すべてに充てはまることではありません..

目標のため、もしくは顧客満足してもらう、営業成績を上げるため..
理由はいろいろあるが、日々、100%の力を出し切って過ごしているか?

まず、日々100%では精神面、体力面でも人である以上無理がありますね

それ以下でしょうと..70~80%...
50%例もあるかな...

以降、何かしらの課題か達成目標があれば100%の力を出し切る..

ここまでは通常の解釈だろうと...?

その程度で今まで私も生きてきたと思います...



しかし、そんな物事の理解を一変させる出来事..いや単にYouTubeを拝見しただけ...の
ことだったんですが....

そのお言葉とは、150%の結果を出す実力を温存し、120%の結果を打ちだす?..と、
です。

競技であれば、練習で150点の結果を出すことができる努力をするが、本番では
120%の結果を出す。

競技系なら意味合いは理解できるものの、お仕事となると何かを当てはめるよう自己理解しなければなりません。

日々100%の努力はしている...目標時は120%の力を....
もしくは、普段は70~80%...目標時は100%の力を....とする例は多いでしょうけど
その根幹を完全否定ですね。

どのように理解するかは、以下をご覧になって判断しましょう。

2018 ピヨンチャンオリンピックに参加したOAR、フィギア女子選手のアリーナ ザギトワ、エフゲニア メドベージェワを指導するコーチ、エテリ・トゥトベリゼの言葉だったのですね

こちらでご覧いただけます..





スポーツをお勧めするわけではありません...

仕事でも..以外でも、現状に甘んじいては並みの人生で終わってしまう..

より以上を願うなら、思考判断の価値基準を変えてみるのも面白い人生ではないでしょうか?

という記事でした。









0 件のコメント:

コメントを投稿