2018年4月1日日曜日

交錯する依頼で迷い道

お仕事のお話しです..
今やネットですべての情報を得ることができるとまでは言いませんが、私の運営する
お仕事サイトへ特殊製品の注文が舞い込むことが多々ございますが、物販系ではないので、お問合せにより製品を求められることもあり..在庫があれば販売もしている...

さて、ご注文の依頼があれば、用意するは通常ですので準備に入るわけですが、幾分
時間差を置いて同業者から...注文が上がったので製品を融通してくれ...など、
先ほど私が受け付けたものと同じ製品の要望が...?

(注釈)、買取サギのお話ではございませんよ...

それは、ネット上で次々と要望を依頼するが、特別な品なので在庫確認...正常作動確認.
発送できるか否かは少々お待ちくださいとの対応にあるんですね..

しかし、ぜひとも品を今すぐ入手したい心持なのでしょう...次々とネット上を渡り歩いてしまうから...あちらこちらで要望を伝えるのですね...

狭いジャンルであれば、取り扱い範囲は限られるので、依頼された業者間で品が無ければ
こんなめぐり逢いを招くのですね...


申し遅れました..製品とはジャンルは自動販売機であり、現在生産されていない型式など...の消耗部品..

すでに生産されていない、メーカーに在庫もなければ中古の再生部品か、代用品を用意することになるのですが、余りメジャーな範囲でない場合は、関連業者は探し求めるわけなんですね...

ユーザー様は、個人、または企業であって存在は少ないが現利用の自動販売機は、
営業過程において外すことができないわけで..部品エラーでは動かず...
ネット上であちこちリサーチし次々と注文の要望を依頼するわけですが、どこかで局単に安価で買い求めることができれば、それまでの経緯で要望したお話は消滅...

ま、多くは依頼を受けて品の確認ができれば、再度依頼者に納品する旨連絡するのですが
..もし、他ですでに購入していれば、せっかくあちこち探し回り用意した部品の行く先は
途絶えます...


他社で安価な部品が購入できたから、昨日の注文はお断りします...とでも連絡があれば
そこでお話は不満ながらも終わります...

しかし、部品発想の連絡をするが、以降すべて無視される状況もあるんですね

ほとんど間違いなく注文するから品を用意して...とのお話しでしょう...

そのお話をキャンセルする言葉が見つからないからの無視...なんでしょうね


依頼の要望に答えるべく、業者とは動き回りますが...其の後無しのつぶてとは..
そんなこんなで振り回されて....答えは何にもない...

残念なことですが、今時はなぜかこんなお話が多い...?


ネット環境が浸透していない時期でしたら、求める情報は口つてだったかな?
人と人との信頼関係もあり、紹介者に迷惑を掛けぬよう...きちんとした筋道で
物事は進んでいた...そう回想するのですが...時代は変わっているようです..


ネット上で正常なお取引を願う私にはいかんせん...関わりたくない事情なのですが、
なんか勝手に巻き込まれる確率が高いみたいとこの頃...迷いあり

..さまよう心境..?でございます。






0 件のコメント:

コメントを投稿